ゴクウブラック

【ドラゴンボール超】ゴクウブラックのもう1つの正義と戦闘力とは?

投稿日:

【ドラゴンボール超】ゴクウブラックのもう1つの正義と戦闘力とは?

ドラゴンボール超に、驚きの人物が登場しました!

その人物とは、孫悟空そっくりなゴクウブラックです。

ゴクウブラックは極めて残忍で冷酷な性格をしています。

未来の世界で人類の殺戮と破壊をくり返しているゴクウブラックとはどのような人物なのでしょうか?

ここでは、ゴクウブラックのもう1つの正義と戦闘力についてご紹介していきたいと思います。

 

1.ドラゴンボールのゴクウブラックの正義における2つのポイント

【ドラゴンボール超】ゴクウブラックのもう1つの正義と戦闘力とは?

そもそもゴクウブラックとはどんな人物なのか想像もつきませんね。

ゴクウブラックというくらいですから、悟空にそっくりな事は間違いないでしょう。

本来の悟空とは、違った正義を持っていて、人類の敵になっているようです。

悟空の悪役だからゴクウブラックなのでしょうか?

それでは、ドラゴンボールでゴクウブラックの正義における2つのポイントについてご紹介していきます。

 

①人類を神の失敗作として始末しようとしている

【ドラゴンボール超】ゴクウブラックのもう1つの正義と戦闘力とは?

ゴクウブラックは残忍冷酷な人物ですが、そもそもなぜ人間を殺そうとしているのでしょうか?

これにはトランクスが深く関わってきます。

スポンサーリンク

未来の世界のトランクスは、世界の危機を止めるためとはいえ、過去の世界へタイムマシンによって移動しています。

これにより、歴史が本来あるべき姿から変わってしまいます。

本来なら、悟空は心臓病で死んでしまい、人造人間たちによって地球は崩壊するというのが正しい歴史でした。

人造人間による脅威から地球を守るべく、未来の世界のトランクスが過去の悟空に心臓病の特効薬を渡したことで、人造人間の危機から世界は救われることになります。

トランクスが過去に行ったことで、セルの登場が起きてしまったり悟空が生き延びたりと、過去の世界へは大きな影響を与えています。

トランクスが未来の世界へ帰った後も、未来の世界の人造人間たちは破壊をくり返していますが、トランクスの手により倒されてしまいます。

ここで、未来の世界と過去の世界が、二つの世界へと分かれてしまいます。

人造人間を倒したあとに、トランクスが未来の世界に戻っても人造人間たちが生きていたのはパラレルワールドになってしまったからです。

過去へ行き歴史を変えてしまうことは、歴史に影響を与えてしまい、複数の世界を生み出してしまう行為なのです。

ゴクウブラックは、破壊神ですら許されない時を操る行為を人間が行ったことにより、神が人間を作り出したことを失敗と考えます。

そして神がその失敗を認めず、放置するのならゴクウブラックが神に代わって人間を始末する事が正義と考えてしまいます。

これがゴクウブラックが人類を抹殺しようとしている理由なのです。

 

②北の界王ザマスの考え方を自分の正義としている

【ドラゴンボール超】ゴクウブラックのもう1つの正義と戦闘力とは?

ドラゴンボールの世界では、現代と過去や宇宙の種類が様々あり、それぞれに各キャラクターの設定がされています。

これはドラゴンボールの世界が、パラレルワールドになっており、本来進むべき歴史と違う結果が起こった時に、違う世界が存在することになってしまうからです。

未来の世界でトランクスは、人造人間とセルを倒し、魔人ブウ復活を阻止しています。

これにより、本来存在しなかったゴクウブラックが生まれてきてしまいます。

ゴクウブラックは、己の振りかざす正義のために、未来の世界を崩壊させようとしています。

スポンサーリンク

ゴクウブラックは、パラレルワールドによって登場した孫悟空、もしくは別の宇宙の孫悟空なのかもしれませんが、そのカギを握っているのは、ザマスです。

第10宇宙の北の界王であるザマスは、戦闘能力が非常に高く、界王神であるゴワスの見習い界王神として修行を行っています。

ゴクウブラックは、このザマスと行動を共にしていることが多いので、第10宇宙の孫悟空ではないのか?

と考えることができますね。

ザマスは「人間が正しさを持たず争う事」を非常に嫌っており、そんな過激な人類を放置しておいていいものかと考えています。

また、ザマスは悟空との手合わせで負けてしまった事で「人間が努力によって神の領域まで強くなる事そのものが神への不遜な行為」として、その考え方をさらに曲げてしまいます。

ゴクウブラックの思想はザマスによって固められ、洗脳されてしまっているのでしょう。

ゴクウブラックもザマスも、自分たちの振りかざす正義を受け入れない者は、全て敵として力による制圧を行います。

界王神は本来、全ての成長を見守る立場にあります。

ザマスはまだ界王神ではありませんが、心を成長させない限り、界王神になることはできません。

そして、ゴクウブラックはザマスの思想を受け継いでいるため、本当の正義を理解することはないでしょう!

 

2.ドラゴンボールのゴクウブラックの戦闘力における3つのポイント

【ドラゴンボール超】ゴクウブラックのもう1つの正義と戦闘力とは?

ゴクウブラックは、これまで出てきたドラゴンボールのキャラの中でも屈指の実力を持っていました。

その戦闘力の高さは、ザマスがカギを握っているようです。

果たしてゴクウブラックの戦闘力とはどれほど高いのでしょうか?

それでは、ゴクウブラックの戦闘力における3つのポイントについてご紹介していきたいと思います。

 

①通常状態でスーパーサイヤ人2の悟空に匹敵する戦闘力を誇る

【ドラゴンボール超】ゴクウブラックのもう1つの正義と戦闘力とは?

スポンサーリンク

ゴクウブラックはトランクスを追いかけて現代に来た時に、悟空と戦闘を行います。

この時、悟空はスーパーサイヤ人2となり戦います。

ゴクウブラックは通常状態で、ほぼ互角の戦闘を行っています。

ゴクウブラックは相手からのダメージを吸収し成長するという特性を持っている戦士で、悟空との戦闘後、時空の歪みによって未来へ引き戻されている時にも「これがスーパーサイヤ人、孫悟空の力…この痛みがより私の強さを完璧なものにするだろう。」と言っています。

この特性を考えると、ゴクウブラックは戦闘を行うたびに強くなっていくことになりますね。

さらに、左耳には緑色のポタラのようなイヤリングをしています。

また、時の指輪をつけているので、ザマスからもらったものなのか、それともザマスと同じ界王と関係のある人物ということになります。

 

②超サイヤ人ブルーと似た変身、超サイヤ人ロゼになれる

【ドラゴンボール超】ゴクウブラックのもう1つの正義と戦闘力とは?

未来の世界でゴクウブラックがベジータと戦闘を行った時には、ベジータは超サイヤ人ブルーになって攻撃をしていました。

この時ゴクウブラックは、通常状態でしたが、あまりダメージを負っていません。

通常状態でも、ここまでの戦闘力になっていたゴクウブラックですが、更なる進化を遂げます。

それが超サイヤ人ロゼです。

超サイヤ人ロゼになったゴクウブラックは、気の刃により、ベジータを一瞬のうちに倒してしまいます。

さらには、悟空と戦闘を行うことになっても、ゴクウブラックは悟空を圧倒してしまいます。

超サイヤ人ブルーを超える戦闘力を誇っている超サイヤ人ロゼにより、悟空たちは一気に窮地へと陥ります。

ヤジロベーやマイたちの助けを借りてなんとか逃げ出し、現代に一度戻ります。

ベジータは精神と時の部屋でパワーアップを果たし、ゴクウブラックと再度戦いを繰り広げます。

ゴクウブラックはベジータのパワーアップをサイヤ人の怒りのパワーと考えて、怒りを出すことでパワーアップしようと考えます。

これにより、気の刃を気の鎌に強化させ、さらには自分の分身を大量に作り出し、悟空とベジータを圧倒してしまいます。

何度戦いを挑んでも、悟空とベジータを圧倒するゴクウブラックは、最強の敵といえますね!

 

③北の界王ザマスとの合体

【ドラゴンボール超】ゴクウブラックのもう1つの正義と戦闘力とは?

ザマスは、超ドラゴンボールの力によって不死身の身体になってしまいます。

これによりザマスを倒すことは不可能になってしまいます。

不死身のザマスを封印するため、トランクスはブルマから魔封波のやり方を教わります。

魔封波は大魔王封じに用いられていた術で、どんな強力な敵でも封印してしまう特殊な封印術です。

封印する入れ物を用意して、魔封波を使って相手を閉じ込めたら、その上にお札を貼ることで成功する術になっています。

これにより、ザマスを封印したトランクスですが、悟空が魔封波のお札を現代の亀仙人の家に置いてきてしまったことで、封印に失敗してしまいます。

ザマスは魔封波により、人間はやはり危険であると考えます。

魔封波を恐れたザマスは、ゴクウブラックと合体してしまいます!

そして合体ザマスとなり、圧倒的なパワーを持ってしまいます。

合体ザマスになると、髪形は超サイヤ人ロゼのゴクウブラックで、髪の色や前髪、戦闘服はザマスメインのものになります。

その背中には、神を思わせる光輪が付いており、神の光の力と呼ばれるエネルギー波で悟空たちを攻撃してきます。

悟空、ベジータ、トランクスの三人は合体ザマスと戦いますが、三人はすぐに追い詰められてしまいます。

しかし、超サイヤ人ブルー界王拳を使った悟空の攻撃によって、合体ザマスの光輪は消えてしまいます。

これにより合体ザマスは、精神と肉体が不安定な状態に陥り、醜い姿になってしまいますが、更なるパワーアップを果たします。

悟空とベジータはこれに対抗するため、ポタラでベジットとなり、合体ザマスと戦闘を行います。

超サイヤ人ブルーとなったベジットに押され始めた合体ザマスは、神としてのあり方に疑問を感じてしまい、さらに精神が不安定になっていきます。

合体ザマスはベジットを力で倒してしまおうと、筋肉質な身体へ変形させますが、ベジットを上回ることができません。

しかし、ベジットが超サイヤ人ブルーになって戦闘を行っていたことで、強大なエネルギーにより、合体時間が想像以上に早く終わってしまいます。

ここまでの戦闘力を誇るとは、合体ザマスになると最早打つ手なしと言えるほどの戦闘力を手にしてしまいますね!

 

3.まとめ

今回は、ゴクウブラックのもう1つの正義と戦闘力についてご紹介させていただきました。

この記事で、重要なポイントは以下の通りです。

  • ゴクウブラックは残忍で冷酷な人物である
  • ゴクウブラックは正義のために人類を抹殺しようとしている
  • 北の界王ザマスと何らかの関わりがある
  • ザマスの思想を受け継いでいる
  • ゴクウブラックの戦闘力は通常状態でも悟空の超サイヤ人2に匹敵する
  • 未来での戦闘時には、ブルー状態のベジータの攻撃にも通常状態で耐える
  • ロゼになると悟空やベジータを圧倒する
  • 合体ザマスになるともはや勝てるものはいなくなる

ゴクウブラックは単体でも最強に近い戦闘力を誇っていますが、ザマスと合体することで、さらに戦闘力を高めます。

超サイヤ人ブルーのベジットでも倒しきれなかったので、合体ザマスになると、破壊神をも超えた戦闘力になっているでしょう。

破壊神をも上回るゴクウブラックの強さにこれからも期待ですね!

長くはなりましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございます。

引き続き、ドラゴンボール 最強キャラをご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-ゴクウブラック

Copyright© 【ドラゴンボール】最強キャラが決定!ランキングBEST10 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.